名古屋,技能実習,ビザ,在留資格
トップページ
名古屋,技能実習,ビザ,在留資格,費用
外国人技能実習ビザ
とは
技能実習1号イ(1年目)の受入れ要件
技能実習2号イ(2・3年目)への在留資格変更の要件
技能実習1号ロ(1年目)の受入れ要件
技能実習2号ロ(2・3年目)への在留資格変更の要件
外国人技能実習ビザに関する当社のサービス内容
技能実習1・2号ロの受入機関(中小企業等事業協同組合)になるには
中小企業等事業協同組合を設立するには
   
名古屋,技能実習,ビザ,在留資格,費用
会社案内
依頼するメリット
報酬表
お問合せ
   
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


名古屋での技能実習ビザの申請ならサポート行政書士法人にお任せください!

「外国人技能実習」ビザとは

従来、外国から日本の技術を取得するために日本の外国人を招へいするための制度として外国人研修生制度がありました。しかし、外国人研修生の人権を無視した運用や劣悪な労働環境下に置かれたりと制度の運用が問題となり、平成22年に入国管理法の改正がなされ、従来の弊害を改善して外国人技能実習制度に生まれ変わりました。

この外国人技能実習制度には、受入れ機関により次の2つのタイプがあります。

@企業単独型:
本邦の企業等(実習実施機関)が海外の現地法人、合併企業や取引先企業の職員を受け入れて技能実習を実施するケース

A団体監理型:
商工会や中小企業団体等営利を目的としない団体(監理団体)が技能実習生を受け入れ、傘下の企業等(実習実施機関)で技能実習を実施するケース

そして、この二つのタイプのそれぞれが、技能実習生の行う活動により、入国後1年目の技能等を習得する活動と、2・3年目の修得した技能等に習熟するための活動とに分けられています。
これに対応する在留資格として「技能実習」に4つの区分が設けられています。

   入国1年目  入国2年目
 企業単独型  在留資格「技能実習1号イ」  在留資格「技能実習2号イ」
 団体管理型  在留資格「技能実習1号ロ」  在留資格「技能実習2号ロ」


名古屋,技能実習,ビザ,在留資格
名古屋,技能実習,ビザ,在留資格 名古屋,技能実習,ビザ,在留資格 名古屋,技能実習,ビザ,在留資格 名古屋,技能実習,ビザ,在留資格 名古屋,技能実習,ビザ,在留資格 名古屋,技能実習,ビザ,在留資格

名古屋での技能実習ビザの申請なら、サポート行政書士法人にお任せください!
ビザ申請の実績豊富な当社の専門スタッフが、技能実習ビザ申請を迅速・確実に代行いたします。
まずはお気軽に、お電話かメールで当社までご相談ください!